会社案內

概要 . 沿革

シンコンエレクトロニクスとは

弊社は1991年に設立し、民生・軍事・医療・産業・コンピューター・通信市場にスイッチング電源を供給するグローバルメーカーです。 製品は産業・医療規格やRoHS指令等の国際規格に合わせて設計・製造され、AC-DCオープンフレーム、AC-DCアダプタ、DC-DCコンバータ、といったラインナップからご提供いたします。お客様のご要望に応じて、カスタム電源の設計・製造や標準品の仕様変更が出来、またその他の安全規格の認証サポートもいたします。
製品の設計・製造は最新鋭のシミュレーション技術、テスト設備及びコンピューター支援設計ツールを使用しています。
また、お客様からの信頼性獲得の為、迅速な試作対応・目標コスト達成の実現に注力しています。

品質体制

弊社はISO9001・ISO14001を取得しており、世界の製造業者の環境や信頼性、品質基準に則っています。
ISO14001:環境保全・汚染防止・経済社会の必要性といった事を考慮し、より効果的に経済の環境的側面を管理いたします。
ISO9001:品質マネージメントシステムは、下記の8つの方針に基づいており、弊社のより良い継続的なサポートや高い品質をお客様に実証する事を可能にしています。
customer focus
leadership
involvement of people
process approach
system approach
continual improvement
fact-based decision making
mutually beneficial supplier relationships

生産体制

弊社の目標は、設計・技術・製造に精通した電源業界のリーダーとなることです。 台湾と中国工場はSMT表面実装機を含む、最高水準の製造設備が整っており、生産工程内で80を超える品質チェックポイントを設けております。
出荷前に全ての製品はバーインテストや自動最終検査を実施いたします。製造のあらゆる点において、統計的なサンプリングや分析技術を用いることにより、品質保証いたします。

歩み

Year Event
1991 台湾の彰化市に工場を設立
1992 DC-DCコンバータと充電池市場に注力
1993 モトローラ社とオーディオボックス社とのODM開始
1994 アルカテル社とのODM開始
1995 彰化工場 ISO9002取得
1998 アルカテル社とのODM開始
1999 アメリカ事務所を設立、中国の東莞市に工場を設立
2001 東莞工場 ISO9001取得
2002 彰化工場 ISO14001取得
2003 台北にR&D部門を設立
2005 全製品に対し鉛フリーとRoHS対応実施
2007 中国工場を新設
2009 中国工場ISO14001取得

We use cookies to provide the services and features offered on our website, and to improve our user experience. By using this website, you consent to the use of cookies.

OK